安心してませんか?スマホ画像も浄化が必要

スマホが普及した今、旅先やカフェやレストランなど様々な場所で、気軽に「ハイ、チーズ!」と出来ますよね。SNSでアップしたり友達同士の交流にもひと役かっている「写真」。でもちょっとまって!その写真、そのままにしてても大丈夫なんでしょうか?今回は写真の浄化についてご紹介します。

写真には見えないものが”乗っている”

仲のいい友達同士でのショットや、旅先での忘れがたい楽しい思い出。
見た目にも華やかで美味しいカフェメニューなどといった、いわゆる”SNS映え”という流れもあってか、スマホでの写真撮影はよく見る光景となっていますよね。
気軽に保存のできる画像ですが、この写真にはある秘密が隠されています。
それは「その時の自分のエネルギーとリンクすることができる」ということ!

たとえば、仕事で大成功して上昇気流に乗っているときに、友人たちと何気なく撮った1枚の写真。
その写真には、あなたが上昇気流に乗ってイケイケGOGO!な状態のエネルギーが満ちあふれています。
きっとその時の写真をみると、当時の様子が思い出されるのと同時に、体の内側がポッと暖かくなるのを感じることができると思います。
それこそが、目には見えないけれど実際にそこに乗っているエネルギーというものですね!

逆をいうと、ツイてない毎日を送っているときに撮った写真には、ツイてないエネルギーが乗っています。
そんなツイてない写真をいつまでも保存したままでいると、どうなるでしょうか・・・。

ツイてないあの頃の自分を癒やしてあげましょう!

ツイてないな~というときは、自分が発するエネルギーがすでにマイナス状態にあります。
ですから、本当のことを言えばその状態のときに自己ヒーリングを行ったりするのがベストですね。
ひとまず今回は保存してある写真を浄化して、今の自分をプラスに転換させる方法をご紹介しましょう。

お付き合いをしていた彼氏と、悲しい別れをした頃の写真や、なにもかもがうまくいかない頃の写真を保存していたら、その写真を開いてください。

■方法その1

まず、スマホがほんのすこし浮かぶ形で乗っかるお皿を用意しましょう。
そのお皿の中に水晶のさざれを入れます。そしてさざれのうえから水を流し込みましょう。
この時にお皿の上にスマホを置き、気の済むまでそのままにしておきます。
「もういいかな」と思ったら、浄化終了。くれぐれも本体に水がかからない程度に、しっかり調節してくださいね。

もしその写真をどうしても保存したままでいたい場合なら、そのままにしても構いません。
削除してもいいものなら、できることなら削除して浄化ならぬ”昇華”させてあげると尚良いでしょう。

■方法その2

ひとつまみ分のセージを用意します。
灰皿などの耐熱皿の上でセージを燻し、その上でツイてない頃の写真を開いた状態で、煙にくぐらせましょう。
セージの量はさほど多くはないので、すべて燻し終わるまでくぐらせたら浄化終了です。
こちらも方法1と同じように、写真をどうしても保存したままでいたい場合なら、そのままにしても構いません。
削除してもいいものなら、できることなら削除して浄化ならぬ”昇華”させてあげると尚良いでしょう。

紙媒体の写真の場合はどうしたらいいの?

スマホではなくて、プリント画像の場合も同じように浄化させてかまいません。
濡れたくないものは水がついたりしないようにすることが大切です!

おわりに

気軽に写真を撮る世の中だからこそ、ついうっかり放置しっぱなしの写真。
けれど、そこには紛れもなくあなた自身のみならず周囲のエネルギーも乗っているということをお忘れなく♪

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
PAGE TOP