飲む浄化であなたもリフレッシュ!心と体のデトックス&浄化

デトックスという言葉が流行りだしてから、どのくらい経ったのでしょうか。
色々な考えなどがある中で、自分にとって何が必要で何が必要じゃないかを知ることはとても大切です。

ということで、デトックスを通して浄化のいくつかをご紹介したいと思います。

なぜデトックスが必要なの?

デトックスという言葉をよく耳にしますが、意味としては「解毒」にあたります。
解毒といえば真っ先に何が頭に浮かびますか?
有害なものを出す!という感じですよね。

デトックスというのは、私たちの生活していく中で食べ物であったり身につけるものであったり、または大気中などから取り入れてしまった有害物質を排出することをいいます。
さらには、それだけにとどまらず、プラスになる栄養素を補い、正常な体へと近づけることをします。
そもそもの話しをすれば、わたしたち人間は実はこうしたデトックスをする能力を持っています。
内臓でいうと、腎臓は血液のろ過を担っているし、肝臓は有毒なものを無毒にしてくれます。
さらには、嫌われ者の汗ですが、これも余分なものを排出しているんですよ。

汗かくのがいや~!という人が多いようですが、実は人間として正常な働きをしてくれている功労者(?)なわけです。
このデトックスの働きがなかったら、わたしたちはどうなるでしょうか。
想像するだけで怖いですね。だから、自分のからだに感謝感謝なのですよ~♪

それでも足りない、デトックス

もともと備わっているデトックス機能なのに、それでもなおデトックスを必要としているのが「今」です。
これはどういうことでしょうね?

難しく考えずにいうとしたら、おそらくデトックスが追いついていないということなのでしょうね。
イコール、体の働きだけに任せておけないほど有毒なものが身のまわりに多く、それを摂取する機会にさらされている、ということなのだと思うのです。

昔から言われている「水銀」「鉛」から始まり、食品添加物や農薬など。
そして環境ホルモンや大気に含まれる有毒物質。
ほかにもまだあると思いますが、こういった物質が身のまわりに多く存在しているためか、デトックスが必要な現代なのではないでしょうか。

今すぐにできるデトックス!浄化した体で過ごそう

じゃぁ、さっそくデトックスしましょう!といわれても、何をどうしたらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?
そんなあなたのために、決して難しくないデトックスの方法をお教えしますね!
しかもこれはとても美味しいんですよ♪

■用意するもの

・無農薬のフルーツ各種
・ミネラルウォーターまたは炭酸水
・煮沸消毒してよく乾燥させた蓋つきの瓶など

■作り方

無農薬のフルーツを何種類か用意して、好きなようにカットします。
もし無農薬もものがなければ、皮をむいてからカットしてください。
しっかりと煮沸消毒した瓶にミネラルウォーターか炭酸水をいれ、さらにカットしたフルーツを入れます。
しっかりと蓋をしたあとは、冷蔵庫で3~4時間しっかり寝かせましょう。
出来上がったデトックスウォーターは、24時間以内に飲みきるようにしましょう。

*注意すること*

農薬噴霧されたフルーツは、どれだけしっかりと水洗いをしたつもりでも、除去できるのは微々たるものだそうですよ。
デトックスのつもりが、逆に有害物質を取り入れることになってしまうので、気配りをしましょう。
24時間以上経過すると、雑菌が繁殖するのでこれも要注意ですよ。

美味しくさっぱりとデトックスをすると、気分がまず違ってきますし意識もあがってきますね。
口にするものにまず意識改革がはじまりますから、とてもいい習慣だと思います。
体と心同時に浄化させることができると、物事が輝いて見えるかもしれません。
ぜひお試しくださいね。

ライター:オハナ(OHANA)

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
PAGE TOP