スピリチュアルカウンセリングって何をするの?

スピリチュアルカウンセリングに興味はありますか?
心理カウンセリングや教育カウンセリングと違って、スピリチュアルと聞くと、とても宇宙的で神秘溢れた不思議なカウンセリングのように感じている人もいるのではないかと思います。今回は、スピリチュアルカウンセリングについて、ちょっと掘り下げたお話しをしたいと思います!

スピリチュアルカウンセリングって何だろう?

「スピリチュアルカウンセリング」という言葉を世に定着させたのは、やはり江原啓之さんの存在が大きいのではないでしょうか。
2005年にテレビ朝日で「オーラの泉」という番組が開始され、多くの反響を呼び、スピリチュアルカウンセリングの火付け役となりました。

そもそもスピリチュアルとは、霊性や霊魂、精神という意味です。
英語でspiritual「スピリチュアル」…私達が住んでいる3次元世界とは別の世界、目には見えない世界のことをあらわしています。
スピリチュアルカウンセリングは、目には見えない世界の視点から、私達人間の悩みや不安、問題などを解消、解決のサポート・アドバイスをする分野です。

「目に見えない」というと摩訶不思議な世界というイメージがありますね。
でも、私達は、常に目に見えないものを感じながら生きています。
例えば、人の気持ち。
私達は、目に見えない気持ちを実感して、更には自分や相手の気持ちに一喜一憂して、ブレたり、迷ったり、悩んだりと、目に見えない現象に動かされています。

スピリチュアルは、とんでもなく遠い世界や別次元の世界というわけではなく、とても身近で、私達の中にある世界なのかもしれませんね。

スピリチュアルカウンセリングを受ける前の心構え

スピリチュアルカウンセリングを受けたいと思ったときに、まずはクライアントとなる自分自身が、自分が求めていることをハッキリさせておいたほうが良いでしょう。

スピリチュアルの分野は、目に見えない世界で実態がないだけに、とても幅広くて、導き出される答えも多岐に渡ります。

悩んでいる事を解決したい。
自分がどんな運命を持っているのか確かめたい。など、何を聞きたいのか、何を知りたいのかハッキリしておくことで、カウンセリングの時間を無駄にすることなく有意義に過ごせます。

明確には出来ないとき…例えば「何かわからないけど、とにかくスピリチュアルカウンセリングを一度は受けてみたい」という場合でも、その通りの思いを率直にカウンセラーに伝えましょう。
カウンセラーの方々もプロですから、漠然とした要望にも、きちんと方向性を示してくれるはずです。

目的別!スピリチュアルカウンセリング

スピリチュアルカウンセリングを受ける前の心構え

スピリチュアルカウンセリングは、スピリチュアルカウンセリングは、カウンセラーの性質によって、カウンセリング内容はかなり違います。

病院ならば、風邪は内科、骨折は外科、虫歯は歯科などがあり、症状と治療が合致していることで的確に処置することが出来ますね。
スピリチュアルカウンセリングも、ちゃんと目的別に使い分けることによって、より明確なカウンセリングを受けることが可能です。

例えば
●守護霊を知りたい、数年前に亡くなった親からのメッセージを聞きたいと思ったなら、亡くなった方と交信をする霊媒師系のスピリチュアルカウンセラー。

●自分のカルマやトラウマを解消したいと思ったなら、前世リーディングや、ヒーリングをするスピリチュアルカウンセラー。

●自分の生まれた目的や運命を知りたいと思ったなら、崇高な魂を持つとされるキリストやなどのマスターと繋がるスピリチュアルカウンセラー。

●現世で愛を体現したいと思ったなら、ハイヤーセルフ、天使や女神などの存在からチャネリングメッセージを読み取るスピリチュアルカウンセラー。

●相手の心情や状況、自分の未来を知りたいと思ったなら、未来予知や遠隔透視、占いを得意とするスピリチュアルカウンセラー。

…などなど!
あくまでも一例で、全てを網羅しているスピリチュアルカウンセリングもありますが、カウンセラーも人間ですから得意・不得意は少なからずあります。

お代金を支払ってカウンセリングを受けるわけです。
本当に望んでいることをしっかり知るためにも、カウンセラーの情報をしっかり調べて、自分にピッタリと合うスピリチュアルカウンセリングを選びましょうね!

ライター:Saori Yanase

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る